タイで性感染症に!?クラビット錠治療の平均費用

タイは観光地として世界中から、観光客が訪れる国です。
観光客が多い所には、当然のように風俗店も軒を連ねています。
タイも例外ではありません。
ガイドブック本の中には、タイの風俗店を網羅しているものも、あるほどです。

日本でも言える事ですが、タイでも風俗店で性感染症をうつされるケースは、ゼロではありません。
気を付けていたつもりでも、性感染症を発症してしまうかもしれないのです。

性感染症には色々な種類がありますが、薬を服用する事によって、比較的簡単に治る性感染症もある為、「変だな」と感じたらすぐに医師に相談しましょう。

男性が感染しやすい性感染症として、有名なのが「淋病」です。
淋病は1回の性交渉で、約30%の感染率があると言われている程、感染力の強い淋菌が感染する事で発症します。
男性の場合、排尿時に激痛を感じる為、すぐに異変に気が付くでしょう。

淋病の治療に用いられる薬として、知られているのがクラビット錠です。
クラビット錠は抗菌薬の1つで、淋病治療の他に女性に多いクラミジア感染症や、膀胱炎の治療にも用いられています。
正しく服用する事で、淋菌の増殖を抑え殺菌する効果が期待できます。

ただ、淋菌は薬剤耐性淋菌という、ある一定の薬に対して耐性をもっている菌がいます。
1度の治療で全ての淋菌を死滅させなければ、薬剤耐性淋菌となりやすく、治療に時間がかかってしまうのです。
ですので淋病をクラビット錠で治療する場合、症状が無いからといって勝手に服用を注意しないようにしましょう。

気になる費用ですが、クリニックやどのような検査方法を行うかで変わります。
平均して約5000円程の費用から、1万円程の費用で淋病の治療は収まるようです。