クラミジア患者は男性の方が少なく治療はクラビットで

日本において性病のクラミジア患者は約25000人程度いるといわれます。世界的にも感染率の高い病気であり、決して珍しい病気ではありません。しかしクラミジアは弱い細菌であり、共同のものを使用する程度では感染することはありません。感染する原因は性交渉なのです。日本の感染者のうち男女比で見ると女性の方が多く、男性のクラミジア患者の方が少ないです。年代で見ると20代のクラミジア患者が一番多いです。男性の場合は感染すると尿道炎を起こすといわれます。尿道がムズムズする、排尿時痛がするといったような症状です。女性では症状が見られない場合もありますが、今はそれが問題になっています。なぜなら症状がなく気が付かない間に病原菌が進行し、子宮や卵巣などに病変を作ってしまい、結果的に不妊症などを起こす可能性があるからです。クラミジアの診断は尿検査や細胞診で検査をすることができます。そして菌がいることによって確定診断をすることができます。確定したならば、日本においてクラミジアの治療でよく用いられるのは、クラビットです。クラビットは他の感染症でも用いられる薬ですが、クラミジアの治療にも大きな効果を現すといいます。しかし、一定期間飲み続けることが大切です。基本的に2週間程度と言われますが、菌の消滅が確認できない場合には、更に飲む必要があります。クラビットを内服するときには、保険診療で3割負担で購入することができますが、もしも費用的な心配がある場合には、ジェネリック医薬品の処方をお願いするといいですね。そうすると費用的にも負担が減ります。そして費用の負担が減ると、完治まで飲み続けることもできる可能性が高くなります。