クラビット処方されるクラミジアはかゆみと腫れが症状

現代の医学ではさまざまな病気が特定されるようにっており、症状に合わせてさまざまな薬が処方されるようになっています。
性感染症という分野も同様で、原因となっているウイルスや真菌に合わせた薬が処方されるようになっているのです。
性感染症は数多くあるものの、症状としてかゆみや腫れが生じるものとして知られているのがクラミジアです。
クラミジアは日本国内において最もポピュラーな性感染症とされており、10~20代に特に多く報告されています。
特に男性においてよく報告されるのが陰部のかゆみと陰嚢の腫れです。
かゆみだけであればまだしも陰嚢が腫れると同時に高熱が出ることも多いため、そうした症状が出てから病院を受診すると言う人もかなり多くいます。
さて、このクラミジアに対して処方される薬となっているのが「クラビット」です。
クラビットはレボフロキサシン水和物を有効成分として含むニューキノロン系抗生物質として分類される薬で、副作用を抑えつつ殺菌力が強いという特徴を有しています。
クラミジアに対してクラビットが処方される場合はクラミジア菌のDNAの複製を妨害して増殖できないようにすることが効果となり、細菌の増殖を防ぐことで症状の緩和を目指すことになります。
ただしかし、細菌のクラミジアにおいてはクラビットが処方されないケースもかなり増えてきていることも覚えておくべきでしょう。
細菌の治療に対して特定の医薬品が多く用いられると細菌がその薬剤に対して耐性を持つ、つまり効果が出なくなってしまうようになるのですが、クラミジアはクラビットが多用されてきたために細菌自体がクラビットに対して耐性を持つことがかなり増えてきてしまいました。
そのため別の抗生物質が処方されることも多くなってきていますので、医師と連携して服用する薬を選んでいくように心がけてください。