クラビットはニキビ治療にも有効

「クラビット」についてご説明します。

「クラビット」は抗菌力の強い経口抗菌製剤です。
咽頭炎や急性気管支炎、肺炎などの呼吸器系の疾患から、膀胱炎、尿道炎、外耳炎、中耳炎、感染性腸炎、子宮内感染など様々な症状に用いられる薬です。
またアクネ菌の繁殖を防ぐ効果もあるので、ニキビ治療にも有効です。

通常は成人の場合、1回100mgを1日に2~3回服用します。
フロベンが含まれている鎮痛薬と併用すると、痙攣を起こす恐れがあるので注意が必要です。
またマグネシウムを含んだ胃腸薬との併用も「クラビット」の効き目を落としてしまうことがあるので、服用する際には2時間以上の間隔をあけることが必要です。

「クラビット」は比較的副作用が少ない薬で、ペニシリン系のアレルギーがある人でも使用することが出来ます。
ただし、腎臓病の人や高齢者の人は副作用が出やすいので、服用する際には十分な注意が必要です。
副作用には、低血糖や光線過敏症、痙攣、めまい、頭痛、動悸、尿の濁り、吐き気、食欲不振、皮下出血などがあります。

副作用を防いで薬の効果を十分に得るためにも、用法・用量を正しく守り、少しでも体調の異変を感じたら、すぐに医師・薬剤師に相談をすることが大切です。