クラビットと治療法と血友病性関節症について

血友病性関節症というのは、血液凝固能が低くなることで、身体の各々の部位に出血が起こりやすい遺伝病のことです。血友病性関節症には、血友病Aと血友病Bがあります。血友病性関節症の原因ですが、血友病Aの場合は血液凝固第VIII因子に起因します。血友病Bであれば、第IX因子の欠乏に起因しています。X連鎖劣性遺伝であるために、発症するの大多数としては、女性ではなく男性になります。

血友病性関節症の治療法としては、関節内出血に凝固因子を補充するという方法です。早期の段階で、静脈注射によっての補充です。予防的へ凝固因子を補充することによって、出血の頻度を減らしていく方法もあります。ほかにも装具を装用するという治療法もあります。末期の状態の関節症に対してであれば、人工関節置換術による手術になることもあります。ヒアルロン酸を利用した、関節内注入といった治療法も有効と言われています。

淋菌とクラミジアの療法としても、クラビットを用いられることがあります。クラビットは、合成抗菌剤の中のひとつです。クラビットの薬は、扁桃炎や気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症の治療にも使われます。副鼻腔炎や中耳炎等の鼻や耳などの感染症を治療していくときにも使用されます。蛋白質の元となっている、核酸の生成を阻害する作用を持ちます。細菌をクラビットの成分に余栄、死滅させていくことができます。

クラビットには副作用もあります。過敏症状として、発疹が出ることもあります。また、肌にかゆみを感じる、アレルギー症状を感じるケースもあります。もしも、こういたかゆみや発疹が出てきたら、服用を中止しましょう。この薬を使っている間は、長い時間太陽の光にはあたらないことです。